産後の薄毛に本気で悩みました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妊娠後期から、お風呂で髪の毛を洗うと、毎回毎回洗うたびに、排水口がつまるようになりました。
貧血ぎみでしたし、妊娠後期だったから、みんなこうなのだろうと、あまり気にはしませんでした。もともと、髪の毛の量は多い方でしたので、むしろ抜けてもらった方があつかいやすくなるし、いいか。と思ってさえいました。

しかし、それは間違いで、産後も止まることは無く、どんどん髪の毛が抜けていき、ついに前髪の辺りは薄毛がはっきりとみえる状態になってしまい、夏でしたが、常に帽子をかぶらなくては外出できなくなりました。
そして分け目が1センチくらいにひろがり、このまま髪の毛が無くなってしまったらどうしようと不安が襲いました。
それから、毎日髪の毛をきにしとばかりいたら、出産したばかりのストレスと、睡眠不足や産後の不安定感からか、つむじのよこに10円くらいの円形脱毛ができてしまっていたのです。
ショックで泣いてしまいました。

産後は女性ホルモンも大きく変化すると聞いていたし、だんだん治ってくるのかな?と思っていたのに、悪化する一方で、絶望的でした。円形脱毛の部分はなんだかヒリヒリするような感じがしていて、その症状がうなじの辺りにも出てきてしまい、うなじの辺りの髪の毛も、皮膚との境目が広がってきているのに気がつきました。
初めての育児で、1人で本当に精神的にもいっぱいいっぱいで、2.3時間おきの授乳や、オムツ変えには戸惑うことも多いし、夜中も昼間も疲れが溜まってしまっていたのだと思います。
頭皮には睡眠不足は敵だと言いますし、女性ホルモンのバランスのくずれと、ストレス、睡眠不足、疲れ、鉄分不足で薄毛や円形脱毛に繋がってしまったのだと、自分では考えました。
でも、育児も放棄するわけにはいかないし、母親は自分だけだし、毎日が必死でした。

しかし、病院に赤ちゃんを連れて行ったり、人前に出る場面も多くて、周りの若いお母さん達は、オシャレなママが多く、ヘアスタイルも素敵にしていました。時間がないながらにも、可愛いシュシュを付けたりして目をひきました。それに比べ、自分は前髪は抜けて、ツムジは10円ハゲができ、隠す事に必死で、常に帽子をかぶっていて、友人にも、なぜいつも帽子なのかと聞かれましたが、やはり、デリケートな問題で薄毛や円形脱毛の悩みを言うことはできませんでした。薄毛は気持ちまで暗くしてしまうんだと感じて、外出するのも嫌になりました。おすすめ育毛剤

薄毛の悩みは女性にも?!産後ハゲ事情

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

薄毛というと男性の悩み、もしくは加齢によって発生する悩みだと思っていませんか?
しかし若い情勢でも薄毛に悩まされることがあるのです。
それは産後ハゲ!!

なぜ産後はげてしまうのか?
それはどうやらホルモンが原因らしいです。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンという大きくわけて2つのホルモンで働いています。
妊娠するとこのホルモンが一気に増え、出産に控えます。
しかし産後このホルモンは一気に必要なくなり急激に減っていきます。
そのときバランスを崩し様々な体調の変化をもたらすのです。
エストロゲンとプロゲステロンには髪の毛の成長・育毛を助ける働きもあるためはげてしまうのです。

せっかくかわいい赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいなのに・・
お腹も小さくなってマタニティー服から卒業しおしゃれできるようになっても
髪の毛がはげていたら何を着ても似合いませんよね。
はたまた、育児で疲れ切っているところに髪の毛まで心配しなければいけないなんてつらすぎる!!

しかもこの産後ハゲ、忘れたころのにやってくるのです。
多くの人が産後ハゲは産後3か月ごろから始まるとされています。

出産の痛みもやわらいで育児に奮闘する日々
妊娠・出産のめまぐるしい体の変化も忘れやっと通常の生活を取り戻しはじめたころ
産後ハゲはやってくるのです。

ある日いつも通り髪の毛を乾かしていると大量の髪の毛が洗面台に・・
何事!?!?
そして3か月というと赤ちゃんもものをつかめるようになるころです。
全力で引っ張られるママの髪の毛・・
にっこり笑う赤ちゃんの手の中には大量の髪の毛が・・
やめてーーーー
赤ちゃんがハイハイするようになれば口にいれないように床にゴミが落ちていないか気になります。
しかし掃除機をかけてもかけても自分の髪の毛が大量に落ちている。
恐怖です。

しかも薄毛は抜けた後1日2日で生えてくるわけではありません。
1年かけて髪を育てていくしかないんです。

しかしホルモンの関係なので必ず戻る日が訪れます。
産後の薄毛の原因はホルモンだけではなく、
慣れない育児へのストレスや、赤ちゃんのお世話でなかなかケアができず
頭皮が乾燥することにもよるようです。

薄毛になってもあまり気にせず、ストレスをためないようにすることが大切ですね。

今はニット帽や麦わら格子などおしゃれなハットもたくさん出ているので
産後ハゲを機会に帽子集めをしてみてもいいかもしれません。

そして世の中のお父さん
育児に頑張っている嫁にハゲたとかふけたとか口がさけても言わないでくださいね。

アフリカ系の男性

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

わたしが高校生のころ、市内にある学習塾へ電車で通っていた時のことです。
ある日、同じ車両に乗り合わせたのが、「アフリカ系の男性」でした。当時の私は全く英会話ができなかったため、とりあえずこのまま関わることなく、駅に着くことを望んでいましたが、声をかけられてしまいました。
彼の名前はボブと言い、来日してまだ間もないということくらいだけ理解できました。
ボブは日本語を聞き取ることはできるようだったので、私はずっと日本語で話し、ボブはそれを理解したのかしないのか分からないですが、返事を英語で返してきました。

高校生の私に話しかけるアフリカ系の男性という奇妙の構図に周りにいる人たちは、私たちから離れていきました。何人かは車両を代えてしまい、私の周りから日本人が減っていきました。
よく分からない自己紹介が終わったところで、私に話しかけた要件は何かと、ボブに尋ねました。要件は、「乗換えが分からない。」ということでした。

ボブに行先を聞いたところ、このまま乗っていれば着くところだったので、その旨を伝えました。
そうすると、おそらく日本語で「ありがとう、君はなんて優しいんだ。」というような内容のことを車両に響き渡るような声で言われました。
その瞬間、他の乗客に大声で話さないでよというような冷たい視線を送られました。ボブとこんな会話をしている間に乗客は入れ替わっており、私とボブの会話を途中から聞いた人は、私とボブが知り合いだという認識をしていたようです。
しかし、ボブは大きな声で続けました。「サンキュー、マイエンジェル!」と。あまりに恥ずかしくどうしていいかも分かりませんでした。
他の乗客からは、ボブとセットで迷惑な人たちとして認識されてしまっているが、ボブとは初対面という私の中のジレンマを抱えながら、日本人の私がボブに向けらている冷たい視線を感じることになりました。

そんなこんなで、ボブが先に目的の駅に着きました。ボブは降車するときも相変わらず「サンキュー、マイエンジェル!グッバイ、アイミスユー!」と叫びながら高揚したまま、私の前から去っていきました。

きっと、鳴れない日本で電車に乗ったのでしょう。誰かに道を尋ねたいけれど、なかなか相手にしてくれる人がいない中、英語の参考書を片手に電車に乗っていた私を「エンジェル」だと確信したのでしょう。

この子なら!と思ったのでしょう。今ではそんな解釈をしています。しかし、ボブのほうが先に電車を降りてしまったので、残された私はその何とも言えない恥ずかしさを持ったまま、終点を迎えました。

結婚しない男女が増えている理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

結婚しない男女が増えている理由として考えられるのは、就業形態の多様化により男性が必ずしも正規雇用に就けていない、又は年功序列制度では無くなった事よる経済的不安定や、女性の高学歴化や社会進出による社会的自立などがありますが、奥底の理由は何なのでしょうか?

男性なら禿げているのも理由の一つにあるようです。そのためにせっせと育毛剤を購入している男性も多いです。

はげや薄毛はモテませんからね。

私が考える理由は「人間が臆病になってきているからなのではないか?」という事です。
人が人と交わるという事、その最たる形態が結婚だと思います。自分が生まれ育った家庭は、この世に産み落とされた時に
自動的に与えられた家庭であり、人間関係です。なので、成長という人間形成と共に慣れ親しんでいける環境なのです。
でも結婚とは、ある程度人間形成が完成された成人になって、今までと全く違った家庭環境で生きてきた赤の他人と、
一つ屋根の下に住み、新たに家庭を作る事になのです。

ある程度出来上がってしまった成人の人間同士が深く交わるという事は、楽しい事、嬉しい事ばかりではありません。どちらかと
言えば、嫌な事、腹立たしい事の方が多いでしょう。それに、お互いを傷つけあう事にもなります。
この傷つけあう事、それより自分が傷つく事が怖いのではないでしょうか?誰しも傷つきたくはありません。大人になればなるほど
経験を積み、学習してきています。人と交わる事で傷つく辛さを無自覚ながら知っているのだと思います。
人と深く交わる事、その最たる形態である結婚をする事で自分が深く傷つくぐらいなら、「結婚などせずに独身でいる方が楽なのではないか?」
と思ってしまうのだと思います。

「結婚したくないわけではない」「理想の相手に巡り会えたら結婚したい事はしたい」と答える人が多いと聞きます。これは非現実的
妄想を抱いているから、このような答えが返ってくるのだと思います。本当に結婚自体に興味が無い、結婚制度そのものに反対しているなら
理想の相手に巡り会おうが結婚しないでしょうし、理想の相手の出現そのものを妄想しないでしょう。

理想の相手の出現を夢見ている時点で、少女マンガの世界なのです。現実の世界、そんな理想の相手が出現するわけがありません。相手も
自分と同じ生身の人間なのです。長所もあれば短所も持った欠点だらけの人間です。そんな生身の人間と真剣に付き合い、結婚し、新しい
家庭を築いていくという事は、見たくない面も見て、抱きたくもない感情を抱き、これでもかと言いたくなるほど傷つくのです。

でもそれが結婚であり、この世に産み落とされた時に自動的に与えられた家庭とは違う、自ら作り出していく家庭を築いていくという事なのです。
その勇気が無くなってきているのかもしれません。

髪を濡れたまま放置しないことが重要です

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

抜け毛を予防するためには、「頭皮や髪を濡れたまま放置しないこと」、「頭皮の血行を促進すること」、そして「髪のキューティクルを保護すること」が大切なポイントです。

毎日のシャンプー後、乾かさないまま長時間放置してしまったり、濡れたままで寝てしまう方もいらっしゃいます。

私たちの頭皮には常在菌という菌がいて、これが頭皮にある余分な皮脂を食べてくれているおかげで、毛穴が皮脂で詰まることを防ぎ、頭皮を弱酸性の健康な状態に保ってくれています。

しかし、髪が濡れたままで長時間経過すると、常在菌は繁殖しすぎてしまいます。台所で濡れた布巾を絞ったまま放置していたら臭くなってしまったという経験があると思いますが、絞ったまま広げられていない布巾の中の空気に触れない部分に雑菌が繁殖してしまうからです。

これと同じことが、濡れたまま長時間放置された髪に起こります。濡れた状態の髪は束になりやすく、空気に触れない面積が増え、空気に触れない場所を好む常在菌にとってはとても住みやすい環境になってしまい、繁殖も早くなるのです。

この常在菌が増えすぎると、毛穴に皮脂を詰まらせ、それが血行不良と新陳代謝を遅らせる原因となり、それにより毛根へ栄養が届きにくくなって抜け毛を引き起こします。

また、濡れた髪は頭皮を冷えやすい状態にします。スポーツの後に汗をかいたままのTシャツを着たままでいると、乾くまでの間に身体がひんやりとします。これと同じで、頭皮や髪の水分も蒸発する際に体温を奪い、頭皮を冷やしてしまいます。

私たちの手足が冷えると血行不良を起こすのと同じことが、頭皮にも起きているのです。血行を良くするために、指の腹を使って頭皮全体を優しくマッサージすること、柔らかめのブラシを使って頭皮に軽く当てるようにブラッシングすることがおすすめです。

頭皮の皮脂詰まりと血行不良・新陳代謝の低下に加え、もう一つ注意しなければならないのが、髪のキューティクルです。キューティクルは髪の表面を覆うとても薄いウロコ状のもので、髪の内部からタンパク質や水分が出ていってしまうのを防ぐためのシールドです。

このキューティクルは、水やシャンプーなどのアルカリ性のものに触れると開く性質をもっています。

シャンプー後にギシギシと絡みやすい髪がコンディショナー後に指通りが良くなるのは、開いたキューティクルをコンディショナーの酸性が再び閉じて髪の断面を滑らかにしてくれるからです。

しかし、その後に濡れたまま放置すれば、水分のせいでキューティクルはまた開いてしまいます。キューティクルが開くと髪の表面が荒くなり、髪と髪とが絡まり、互いを引っ張ってしまったり、ブラッシング時もブラシに髪が引っかかって髪が抜けてしまいます。

これを防ぐには、シャンプー・コンディショナー後になるべく早く髪を乾かすことです。ドライヤーの熱を浴びすぎることもキューティクルにダメージを与えてしまいますので、時々、冷風に切り替えながら乾かします。

キューティクルは乾燥した状態で冷やされると閉じる性質を持っていますので、最後の仕上げに全体に冷風を当てると良いです。

このように、シャンプー・コンディショナー後は髪をしっかり乾かし、冷えによる頭皮の血行不良を防ぎ、滑りの良い髪に整えることが私の日々の抜け毛対策です。

抜け毛の対策は点ではなく面で行う

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

30才を過ぎたころから頭頂部の毛量が減ってきました。

大学時代の写真と比較すると。昔の写真は黒々とした頭部が確認出来ます。

今は照明の下にいると頭皮のが気になります。照明の強いところにいると髪の毛が光で飛んでしまう程です。現像した写真を見てあまりにもショックだったので、抜け毛、薄毛に関する情報を調べてみました。

抜け毛の原因になる生活習慣を見直せば、元に戻るとはいかないまでも進行を緩やかにすることが可能なはずと考えたからです。私が現在とっている対策をご紹介させていただきます。

頭皮に影響を及ぼすものは主に、紫外線、たばこ、アルコール、不眠、栄養の偏りがあります。他にも遺伝的なものがありますが、これは対策の立てようがないので除外します。あくまでもすでに薄毛や抜け毛で同じような悩みを抱えている方への対策となります。

毛髪は体の一部ですのでタンパク質で構成されています。日々の食事を見直し、バランスの取れた栄養をとりましょう。

栄養面では良質のたんぱく質を継続して採りましょう。

今はサプリメントやプロテインなど栄養補助のツールはたくさんありますので、1日に必要な栄養素をバランスよく底上げしてくれるものを選びましょう。次はアルコールです。アルコールの分解は肝臓で行います。肝臓がアルコールを分解するエネルギーを沢山消費してしまうと毛髪の元となる成分を作り出せなくなってしまうからです。

過度な飲酒は控えましょう。次は紫外線です。

よく帽子をかぶると頭が蒸れて良くないという事を聞きますが、蒸れるよりも紫外線によるダメージの方が大きいので外出時は肌だけでなく頭部にも気を配りましょう。帽子や紫外線防止のヘアスプレーも利用しましょう。

次は睡眠です。

睡眠が不十分な状態が続くと不眠症と呼ばれる状態になります。毛髪の形成は睡眠中の成長ホルモンの分泌と密接な関係がありますので十分な睡眠時間を確保しましょう。次はシャンプーです。

使用しているシャンプーは頭皮の状態や頭髪に合ったものでしょうか?何でも良いやと思って家族で同じ物を使っていませんか。

ご自身と頭皮、毛髪に最適な物を選びましょう。最後になりますが、これらの対策は1つ1つをバラバラに実施していたのでは効果がありません。すべてを取り入れて実施することをお勧めします。1つやって効果が上がらないから次の対策へ、というやり方は非効率ですし時間もかかります。

しかし、毎日の生活リズムを整え、栄養に配慮した食事や栄養補助を行い、外出時は紫外線対策をとる。シャンプーに気を使い育毛シャンプー等も取り入れる。

アルコールを適量に抑え、さっさと寝る。これを日々繰り返すことが最良の手段です。今はAGA治療といった薄毛対策も医療機関で受けることが出来ます。それらも取り入れるとより効果は上がると思いますが、日々の生活の中にこそ大切なもの、見直すべき行動があるということを忘れてはいけません。