産後の薄毛に本気で悩みました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妊娠後期から、お風呂で髪の毛を洗うと、毎回毎回洗うたびに、排水口がつまるようになりました。
貧血ぎみでしたし、妊娠後期だったから、みんなこうなのだろうと、あまり気にはしませんでした。もともと、髪の毛の量は多い方でしたので、むしろ抜けてもらった方があつかいやすくなるし、いいか。と思ってさえいました。

しかし、それは間違いで、産後も止まることは無く、どんどん髪の毛が抜けていき、ついに前髪の辺りは薄毛がはっきりとみえる状態になってしまい、夏でしたが、常に帽子をかぶらなくては外出できなくなりました。
そして分け目が1センチくらいにひろがり、このまま髪の毛が無くなってしまったらどうしようと不安が襲いました。
それから、毎日髪の毛をきにしとばかりいたら、出産したばかりのストレスと、睡眠不足や産後の不安定感からか、つむじのよこに10円くらいの円形脱毛ができてしまっていたのです。
ショックで泣いてしまいました。

産後は女性ホルモンも大きく変化すると聞いていたし、だんだん治ってくるのかな?と思っていたのに、悪化する一方で、絶望的でした。円形脱毛の部分はなんだかヒリヒリするような感じがしていて、その症状がうなじの辺りにも出てきてしまい、うなじの辺りの髪の毛も、皮膚との境目が広がってきているのに気がつきました。
初めての育児で、1人で本当に精神的にもいっぱいいっぱいで、2.3時間おきの授乳や、オムツ変えには戸惑うことも多いし、夜中も昼間も疲れが溜まってしまっていたのだと思います。
頭皮には睡眠不足は敵だと言いますし、女性ホルモンのバランスのくずれと、ストレス、睡眠不足、疲れ、鉄分不足で薄毛や円形脱毛に繋がってしまったのだと、自分では考えました。
でも、育児も放棄するわけにはいかないし、母親は自分だけだし、毎日が必死でした。

しかし、病院に赤ちゃんを連れて行ったり、人前に出る場面も多くて、周りの若いお母さん達は、オシャレなママが多く、ヘアスタイルも素敵にしていました。時間がないながらにも、可愛いシュシュを付けたりして目をひきました。それに比べ、自分は前髪は抜けて、ツムジは10円ハゲができ、隠す事に必死で、常に帽子をかぶっていて、友人にも、なぜいつも帽子なのかと聞かれましたが、やはり、デリケートな問題で薄毛や円形脱毛の悩みを言うことはできませんでした。薄毛は気持ちまで暗くしてしまうんだと感じて、外出するのも嫌になりました。育毛剤人気