髪を濡れたまま放置しないことが重要です

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

抜け毛を予防するためには、「頭皮や髪を濡れたまま放置しないこと」、「頭皮の血行を促進すること」、そして「髪のキューティクルを保護すること」が大切なポイントです。

毎日のシャンプー後、乾かさないまま長時間放置してしまったり、濡れたままで寝てしまう方もいらっしゃいます。

私たちの頭皮には常在菌という菌がいて、これが頭皮にある余分な皮脂を食べてくれているおかげで、毛穴が皮脂で詰まることを防ぎ、頭皮を弱酸性の健康な状態に保ってくれています。

しかし、髪が濡れたままで長時間経過すると、常在菌は繁殖しすぎてしまいます。台所で濡れた布巾を絞ったまま放置していたら臭くなってしまったという経験があると思いますが、絞ったまま広げられていない布巾の中の空気に触れない部分に雑菌が繁殖してしまうからです。

これと同じことが、濡れたまま長時間放置された髪に起こります。濡れた状態の髪は束になりやすく、空気に触れない面積が増え、空気に触れない場所を好む常在菌にとってはとても住みやすい環境になってしまい、繁殖も早くなるのです。

この常在菌が増えすぎると、毛穴に皮脂を詰まらせ、それが血行不良と新陳代謝を遅らせる原因となり、それにより毛根へ栄養が届きにくくなって抜け毛を引き起こします。

また、濡れた髪は頭皮を冷えやすい状態にします。スポーツの後に汗をかいたままのTシャツを着たままでいると、乾くまでの間に身体がひんやりとします。これと同じで、頭皮や髪の水分も蒸発する際に体温を奪い、頭皮を冷やしてしまいます。

私たちの手足が冷えると血行不良を起こすのと同じことが、頭皮にも起きているのです。血行を良くするために、指の腹を使って頭皮全体を優しくマッサージすること、柔らかめのブラシを使って頭皮に軽く当てるようにブラッシングすることがおすすめです。

頭皮の皮脂詰まりと血行不良・新陳代謝の低下に加え、もう一つ注意しなければならないのが、髪のキューティクルです。キューティクルは髪の表面を覆うとても薄いウロコ状のもので、髪の内部からタンパク質や水分が出ていってしまうのを防ぐためのシールドです。

このキューティクルは、水やシャンプーなどのアルカリ性のものに触れると開く性質をもっています。

シャンプー後にギシギシと絡みやすい髪がコンディショナー後に指通りが良くなるのは、開いたキューティクルをコンディショナーの酸性が再び閉じて髪の断面を滑らかにしてくれるからです。

しかし、その後に濡れたまま放置すれば、水分のせいでキューティクルはまた開いてしまいます。キューティクルが開くと髪の表面が荒くなり、髪と髪とが絡まり、互いを引っ張ってしまったり、ブラッシング時もブラシに髪が引っかかって髪が抜けてしまいます。

これを防ぐには、シャンプー・コンディショナー後になるべく早く髪を乾かすことです。ドライヤーの熱を浴びすぎることもキューティクルにダメージを与えてしまいますので、時々、冷風に切り替えながら乾かします。

キューティクルは乾燥した状態で冷やされると閉じる性質を持っていますので、最後の仕上げに全体に冷風を当てると良いです。

このように、シャンプー・コンディショナー後は髪をしっかり乾かし、冷えによる頭皮の血行不良を防ぎ、滑りの良い髪に整えることが私の日々の抜け毛対策です。